アトピー肌を保湿するシュガーリング

アトピー肌というのは

 

「肌が異常に乾燥している=肌のバリア機能が低い」

 

という状態なのだそうです。

 

私自身、長い間アトピーと付き合っているので、ガサガサで水分の保持出来ていない肌がバリア機能が低く、少しの刺激で痒くなってしまうというのは感覚としてすごくよくわかります。

 

ステロイド

ずっとステロイドを使ってきましたが、2011年の4月に脱ステロイドを行いました。
(使用してきたステロイドと抗アレルギー剤)→

 

ひどいリバウンドに耐えながら、なんとか少しづつ状態が上向いてきているのですが、いかんせん乾燥で皮膚の落屑がすごくて、保湿してあげないとそこらじゅう皮だらけになってしまうのです。

 

それで、この状況をなんとかしたいと思い、いろいろ調べているうちに

 

「シュガーリング」

 

という方法を知りました。

 

これは、簡単に言えば

 

砂糖の保湿力を肌の保湿に使う

 

というもので、今注目されている方法なのだそうです。

 

そして、実際にシュガーリング使ったアトピー肌のための製品もあり、開発者の娘さんはこの製品を使用してみるみるうちに美肌になり、今では雑誌モデルをしている(!)ということで、早速注文してみました。

 

その製品がみんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」という製品です。
旧製品名「奇跡の肌砂糖」=中身は同じもの)

 

みんなの肌潤糖

 

新しいパッケージはこのようになっています。

 

みんなの肌潤糖

 

この「みんなの肌潤糖」は甜菜糖(てんさいとう)というサトウダイコンから出来た砂糖に1粒1粒球状に整えて植物性オイルをコーティングしたものだそうで、防腐剤、着色料、合成香料などは不使用なのも

 

「使ってみよう」

 

と思った理由のひとつになっています。

 

詳しくはこちらをクリック

 

みんなの肌潤糖の使い方とレビュー

 

みんなの肌潤糖

(この付属のスプーン半分くらいで、手の甲くらいの範囲を塗るようにしています。)

 

公式サイトに説明が載っていたのですが、私の使い方としてはお風呂に入るとき、湯船につかる前にみんなの肌潤糖を塗りこんで、そのまま洗い流さずに湯船につかるという流れです。

 

オイル分だけが浮き出して、少しお湯が濁りますが特に問題はないとのことです。

 

この方法で入浴すると、今まで感じていた「お湯のピリっとした感じ」が和らいでいるのがわかります。それだけしっかりとバリアしてくれてるということなんだと思います。

 

使い始めはそうでもなかったんですが、使いだしてからちょうど1週間くらいで、

 

「ん?なんとなく以前と違うかも?」

 

という印象を持ちました。

 

あと、今まではお風呂からあがるとき、一気に乾燥してお肌のつっぱり感がすごかったんですが、みんなの肌潤糖を使いだしてから、そのつっぱり感がかなり改善されてきています!

 

これはすごく精神的にも楽ですし、バスタオルで水分をふきとったあとも、潤いが感じられるようになって、元々肌が持っている水分量に少しづつ近づいているのかな?と思えるようになってきました。

 

アトピーの人ならわかってもらえると思うのですが、あの「お風呂あがりの痒さ」がかなり軽減されます。

 

痒みはやはり乾燥から来てる部分が大きいんだな〜ということが本当に実感できた瞬間です。

 

それに、みんなの肌潤糖はすごく甘くて良い香りがするんですよね。

 

肌につけた瞬間、スーっと馴染んでいきながら、何とも言えないシトラスの良い香りがしてくるので、気分もリラックスできるのが最高です。

 

詳しくはこちらをクリック

ローションと入浴剤も新発売となりました!

詳しくはこちらからどうぞ。

みんなの肌潤ろーしょん

みんなの肌潤風呂

 

みんなの肌潤ろーしょん

更新履歴